読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとうのぶろぐ。

理美容師として2年目。東京の下町で働いてます。

10/23。改めて考える 理容#とは




こんばんは!

LUCIDO STYLE Chrysantheme

1年目アシスタント かとうです。







f:id:kri7103na:20161023223424j:image



《理容》とは。



いわゆる、床屋さんです。

わたしも最初は、どうせちょっと頑固そうで気難しそうなおっちゃんしかいないんじゃないの??って思っていました。

当時はまさか自分がこの職に就くとは、思ってもみなかったでしょう。




f:id:kri7103na:20161023223825j:image


相棒です。


やはり、理美の大きな違いはシェービング技術です。

理容だけの、もう一つの刃物技術。

で、なおかつ、頭皮から伸びた髪の毛を切るシザーズとは違い、皮膚からほぼ0距離のレザー。
ものすごく誇らしい技術です。




もっと知って欲しいな〜。

特に女性に知って欲しいです。



床屋さんというと男性の行くところのイメージだし、正直わたしもお店の説明をするときには「床屋さんでもあるので〜」と言いますし。

でも!

お顔そりはすごいんだぞ!!!



肌の色が明るくなるし!
化粧乗りも断然変わるし!
化粧水や乳液の水分補給感も変わるし!
触ったときにスベスベしててテンション上がるし!!



って思います。



先輩にうなじ剃りしてもらって、わたしも剃って、久々にバーバー女子って感じです。


来月から本格的にシェービングがんばります。



バーバー女子は最強なんです。
って先輩が言ってました。

がんばります。







クリザンテーム かとう


↓↓↓